Company

NJT銅管のモノづくり

暮らしに根付く銅

NJT銅管では、社会インフラのさまざまな分野において、さまざまなカタチの銅管・銅合金管及び応用製品をお届けしています。
生活の中に密着した製品から、最先端の産業分野まで、その技術が生きづいています。
銅管は「電気伝導性」「熱伝導性」「耐食性」「加工性」「抗菌性」に優れ、その特性を活かし、主に「エアコン用」「給水・給湯用」
「建設設備用」といった用途で活用されています。

銅管・銅管継手の活躍フィールド

こうした応用分野の広さから、私たちの暮らしに根づいた金属として役立ち続けてきた銅。
現代社会でどのようなところで活躍しているのか、その一部を紹介しましょう。

【空調配管】

銅管は高伝熱化および細径・薄肉化が可能なことから、熱交換器に多く使用
されています。

●製品情報
リップルフィンチューブ>>
DANT>>

【熱交製品】

ベア管及び高性能なフィン管を使用し、小型熱交製品から大型熱交製品まで
製作対応いたします。

●製品情報
熱交換コイル>>

【給水・給湯配管】

施工性・耐食性が求められる給水・給湯配管に銅管が多く使用されています。

【建築設備配管】

戸建て住宅から高層ビルに至るまで、耐食性・加工性のよさから給水・給湯・冷暖房など、幅広い用途に使用されています。

【医療ガス配管】

医療ガスの安全配管のために、銅管にカラーフィルムを被覆し、誤配管による事故の防止を図っています。

●製品情報
メディカルカラーチューブ>>